2017年08月28日

JAGMOの公演に参加

一昨日と昨日、東京芸術劇場で行われたJAGMO『旅人達の追想組曲 - Dear. once Journeyer - 』に、ティンパニストとして参加しました。
http://jagmo.jp/lp/journeyer/

26日に2公演、27日に1公演、合計3公演とも満席。
近年、ゲーム音楽をオーケストラや吹奏楽で奏でるコンサートが大人気。シエナもファイナルファンタジーのツアーを行ってますし。
それぞれの楽団に特徴があってそれぞれ素晴らしいように、JAGMOも素晴らしかったんですよ。お客さんが感動できるような編曲の工夫や公演の企画力が非常に大きいと思うし、若手の名プレイヤーばかりを集めて編成されてて、とにかく上手。上手だけではなく、音楽の力を存分に引き出すアグレッシブなところも魅力。これは指揮者の力も大きいでしょう。

この若手中心というのが、本当なら「若手のみで」と言っても良いくらいなのだが、その中に私のような者が混じっちゃっているのでね。珍しいことに、最年長。断トツの最年長。40代は他に、普段同僚の東佳樹。彼とて私とは小学校入れ替わり世代。他のメンバーはみんな20代と30代でした(T_T)

本番含めた4日間、とにかく激しい緊張感の連続だったわけですが、強い充実感を覚えていたようで、ラスト公演のラストの曲が終わったら自分でもビックリなほど大感動してしまいまして。いやはや、こんな思いさせてもらって大感謝です。

さて、今回は自分の楽器を持ち込んで演奏しました。
20170828094355076.jpg

打ち上げで指揮者も指摘してくれてましたが、強く叩いても痛い音にならず、しっかりと太く鳴ってくれるのが特徴。
上品で美しい響きがフランス製ならでは、なんて、勝手に思ってたりして。
その分、状況によってはより鋭いタッチが必要かなという気がします。
20170828094842516.jpg 20170828094858078.jpg

本当に美しい音色なんですよ。
ルックスも美しいですしね。
使う度に書いてますけどね。
また書いちゃいます。


posted by オギハラ at 10:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。