2015年05月28日

吹コン課題曲の打楽器に適したバチについて

昨日はダイナスティ・ジャパンの店舗に出向き、イノベイティブパーカッションのマレットの中で、場面毎にどれが相応しいのかを検証しました。
これはキチンと記事になり、ダイナスティ・ジャパンのホームページに掲載される予定です。

ところで、ベルジュロのティンパニヘッドがエバンスのストラータに張り替えられていました。

この楽器特有の深みのある音色にパンチが加わり、どんなジャンルにも対応出来そう。

スネアドラム用スティック

実はクラッシック音楽用にこれだけの種類が生産されてます。
それぞれ特色がありますが、共通しているのは、重量があるのにバランスが良くて、振ると軽く扱えること。
最小限の力でコントロール出来るのがとても良いです。


posted by オギハラ at 22:22| Comment(2) | TrackBack(0) | Innovative Percussion | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつ掲載されますか?
もうすぐコンクールですけど。
Posted by ひろ at 2015年07月13日 15:28
ですよね。もはや遅きに失している感がありますね。
一昨日最終チェックしたので、さすがにそろそろたは思います。
Posted by 荻原松美 at 2015年07月13日 15:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。