2016年02月06日

シエナ高崎公演

群馬音楽センターにて、宮川彬良さん指揮によるシエナの公演でした。
http://sienawind.com/concert/20160206.php


ここのステージは、群響にエキストラ出演する際に立ったことが何度もあるので、自分の楽団で立つのはとても不思議な感じ。
豊かに響くわけではないホールですが、群響の団員さんから事前に、客席へのティンパニの聞こえ方について話を聞いたことで、マレット選びや弾き方を工夫出来たのが幸いだった。

宮川さんこだわりの音楽作りのおかげで、演奏者としては非常に身になる貴重な公演となりました。
宮川さんのトークがまた冴え渡り、このエンターテナーぶりはまたまた勉強になりました。心の中にメモしたので、どこかで使うぞ!

さて、このメチャクチャ盛り上がるコンサート、実は近々、川越市でもやります。
http://sienawind.com/concert/20160313.php
ここでは、ウエストサイドストーリーより「シンフォニックダンス」の演奏もあります。
これまで我々は、佐渡裕さんのチョーこだわりシンフォニックダンスを何度も演奏してきましたが、宮川さんは宮川さんでチョーこだわりがあり、これもぜひ聴いていただきたいです!


posted by オギハラ at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | シエナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。