2015年12月02日

打楽器エチュード試験〜ダイナスティ

朝からお昼過ぎまで、尚美の専攻生試験審査。
今回はエチュードの試験。
エチュードとはいえ、そこは音楽。小太鼓にせよマリンバにせよ、歌心があれば聴いていて気持ちが良いし、無ければただ時間が過ぎて行くのみ、、、

まあしかし、打楽器ソロもやはり音楽。エチュードとはいえ、それぞれの個性が明らかに見え、実に楽しかった。

夕方はダイナスティ・ジャパン店舗へ。
ティンバレスのバチ5種類と新製品のブラシをゲット。


この四種類+新製品の五種類。




このブラシ、グリップエンドの黒いのでシンバルを演奏できるそう。


そしてベルジュロのティンパニを堪能。

深い音色のこの楽器にこれまた深くて美しい音色のEVANSストラータを張っていて、なんとも味わい深い音色。
この組み合わせを弾きこなすには、少し力が必要かも。
ホワイトヘッドのほうが楽に演奏出来そうな気がします。


posted by オギハラ at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | EVANS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月14日

ティンパニ用ホワイトヘッド

本日はこれ↓
http://sienawind.com/concert/201507142020.php

文京区発オリンピック・パラリンピックキックオフイベントにて、オリンピックやスポーツにまつわる曲を演奏してきました。

さて、先週からティンパニヘッドをエバンスのホワイトにしています。


相変わらず美しい音色。
以前装着したときは、その美しい音色を最優先してしまい、バーンと迫力ある音を出せずにいました。
今回はその反省を生かし、マレットの選択や力のかけ具合を工夫することで躊躇の無い演奏が出来たかなと、自分では思っております。

弾き方や歌い方で、繊細な美しさも力強さも出せる、なかなか魅力的なヘッドです。

そもそも張り替えようと思ったのは、それまで張っていたヘッドの寿命を感じたのがキッカケ。チューニングが定まりづらくなり、音色も柔らかくなってしまった。
どうせ張り替えるなら違うテイストの物を試したくなり、ストラータからホワイトにしてみた。

エバンスに限らないのですが、ホワイトは表面がツルツルしているので、マレットを90度の角度で当てないと滑って深く入れ込むことが出来づらい。
表面がサラサラしている茶色いのに比べ、その90度で当てることにシビアになるので、かなり勉強になるかなあと思います。

それはともかく、ヘッドの寿命は判断が難しいですね。
常に音色や音程に敏感であることで、その判断が出来るようになるのではないでしょうか。
学校の部活で毎日のように使うのであれば、一年に一回は交換しても良いのではないかと思います。
posted by オギハラ at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | EVANS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月19日

エバンス・ニューTシャツ

このレトロな感じが気に入りました!


丈が長い分痩せて見える、かも!
posted by オギハラ at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | EVANS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。