2015年04月05日

リム付きプラクティスラバーパッド

昨日と本日、オーケストラピット仕事で1日2回本番なのですが、待ち時間中は基礎練習タイム。
以前紹介したコレが非常に気持ち良い音でバチを跳ねさせてくれる。

ティンパニ椅子にのせて使用してます。

これ、生産中止になってしまい、しばらく残念に思ってましたが、最近リニューアルして登場しました。

(↑ダイナスティ・ジャパン店頭品)

左側の赤いのが RP-1R。上記の物にリムが付いたタイプで、消音性に優れている。
右側の黒いのが CP-1R。 RP-1Rより堅く、打音をハッキリ出すことが出来る。

どちらも定価税込8,964円。
リムショットの練習も出来る、てのが良さそうです。


posted by オギハラ at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | Innovative Percussion | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月02日

イノベイティブ新マリンバマレット

新マレットが驚くべき素晴らしさなのでご紹介します。

《PCシリーズ》

ペドロ・カルネイロ 氏のモデル。

重い合成コアに天然ウールが巻いてある。
この自然な風合いがなんとも良い。

非常に円くて太い音色ながらクッキリとした輪郭を出すことが出来る。
音盤を鳴らしきっている印象。

PC1


PC2


PC3


PC4


ここまではラタンハンドル。
太めながらよくしなり、ヘッドの重さを生かして楽に弾くことが出来る。

PC-TT( トライトーンマレット)

これだけラミンハンドル。
硬いながらも深みが損なわれず、キンキンした音になりにくい。
「3か所での様々な音を作り出すことが可能なユニークなプレイゾーンがあります」というのが公式な説明文だが、まだそこまで検証していないので、検証後にまた記事をアップします。
この特異な編み方にその秘密があるのだろうか?



INNOVATIVE PERCUSSIONのWEBSITE ↓

http://www.innovativepercussion.com/products/pedro_carneiro_series

http://www.innovativepercussion.com/artists/pedro_carneiro 

ペドロ氏のWEBSITE ↓

http://www.pedrocarneiro.com/
posted by オギハラ at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | Innovative Percussion | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月29日

イノベイティブ 新ティンパニ・マレット

新製品が届きました。
真っ直ぐな木製シャフト。



既にGTというシャフトにテーパーがかかった(持ち手部分が太くヘッド方面に向けて細くなるタイプ)シリーズがありますが、ヘッドはまるっきりそれと同じ(たぶん)で、シャフトが真っ直ぐになった物です。

初めて持った時の印象は、とにかく「太い」でした。
当然重量もある。
これをコントロール出来るのだろうか?

しかし実際に演奏してみると、バランスが非常に良く、やや短めに持つことで軽く感じることが出来、それでいて強力なパワーを引き出せる。
トレモロに至っては、勝手にコロコロと弾んでくれる。(イメージ)
どの段階の硬さでも、とても太い音が出せるというのが最大の利点でしょう。

先日行われたシエナ&尚美コンサートでのスパーク作品では、ほぼこれらのマレットを使用。
「ついに来たな」という新感覚。
しっかりしたアタックと太い音質が必要な吹奏楽オリジナル曲には申し分ないマレットであると感じました。


詳しくはホームページに掲載した記事をご覧ください↓
http://www.perc-ogihara.info/innovative-percussion/
posted by オギハラ at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Innovative Percussion | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。